旧五十嵐邸だより

五十嵐邸だより

2021年 秋号

さわやかな秋となりました。

新型コロナウイルスの感染状況も落ち着き、最近は首都圏からの

お客様も増えています。旧五十嵐邸を訪れてくださる方の年齢層は、

60代以降の方が多かったのですが、最近は30代から40代の方が増えています。

NSの普及によってフェイスブック、ツイッター、ラインなどで瞬時に

情報が共有される世の中になり、そうした情報の中で旧五十嵐邸が

紹介されているのかな、と思ったりしています。嬉しいですね。

11月21日(日)は「お楽しみ市」12月18日は「輪飾りづくり」と

「しめ縄飾りスワッグづくり」を開催します。

会員一同、みなさまのご参加をお待ちしています。

 

座卓の脚がぐ~ん伸びて便利なテーブルに!

継ぎ足1.jpg                                                             

                                                             

                                                           

                                                           

                                                            

                                                             

                                                                                                                                                                                 

                                                                                       

旧五十嵐邸は和室が多く講演会やイベント、会議の際は座卓に座布団というスタイルでしたが

近年、足や膝が悪い方も増えてテーブルと椅子がいいね、という声も聞かれるように

なりました。そこで見つけたのがこの便利な「継ぎ足」。座卓にセットすると、ちょっと

低めのテーブルの出来上がり!

「五十嵐邸友の会」からの寄贈です。有難うございました。

2021年 夏号

うっとうしい梅雨が明け、まぶしいような青い空が広がっています。

新型コロナウイルスのワクチン接種が始まり、秋ごろには落ち着いた生活ができるかも

しれないと、少しほっとしています。

 さて、この号でもお知らせしましたが、私たちの会が今年度の静岡県文化奨励賞を受賞しま

した。たいへん名誉のある賞で、今までがんばってきてよかったね、と 会員一同喜んでいま

す。これも私たちの活動をいつも支えてくださっているみなさまのお蔭と深く感謝しています。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

今年の夏は子どもたちを対象にした行事をはじめ、昨年好評を博した

「妖怪道怨博・幻想朗読祭」が旧五十嵐邸を会場に7月と9月に開催されます。

また、秋には初めての試みとして読書イベントを開催する予定です。楽しみにお待ちください。

2021年 春号

 3月に入り三寒四温の日が続き、梅や水仙の花が春の訪れを感じさせる今日この頃ですが、

みなさまにはいかがお過ごしでしょうか。

新型コロナウイルスの感染が世界の脅威になりマスクを付けなければならない生活が始まって

からはや1年が経とうとしています。「三密」を避けなければならない状況は、私たちの会の

活動にも影響し、コンサートを始め、「食」が関係する「七草がゆ」や「餅つき」などの行事は

中止せざるを得ませんでした。一日も早くこのコロナ禍が終息し、今までの生活に戻れることを

願うばかりです。幸いワクチンの接種が始まり、今年の秋ごろには、もしかしたら・・と

希望が大きく膨らみます。

昨年の暮れにゲストハウスと蔵の片づけを行い、五十嵐家ゆかりの品々を整理しました。

6月から技工室への展示作業を始め、秋には寄贈された本を読む会なども計画しています

どうぞ、ご期待ください。

「五十嵐邸」を火災から守ろう!

1月に当館の近くで火災がありました。このことを契機に、しばらく行っていなかった

防火訓練を行いました。

防火訓練.jpg

2020年 秋号

2020年 秋号

今年は新型コロナウイルスの感染防止のため、さまざまなイベントが中止になってしまいました。そんな中で、2年に一度開催される現代アートの展示イベント「富士の山ビエンナーレ2020」が10月24日に開幕し、初日からたくさんの美術ファンが旧五十嵐邸を訪れています。日頃、触れる機会の少ない現代アート作品を身近で鑑賞できるよい機会です。ぜひ、旧五十嵐邸に足をお運びください。

さて、毎年秋に行われる「蒲原宿場まつり&産業フェア」が中止になってしまい、今年は淋しい秋かなと思っていましたら11月21日(土)に蒲原宿内で「トイタマーケット」、蒲原地域全域で「軒先トイタ市」が開催されることになりました。会でも「ミニお楽しみ市」を開催して、みんなでこのイベントを盛り上げようと会員一同はりきっています。どうぞ、現代アートの鑑賞を兼ねて、みなさまお誘いあわせのうえ、旧五十嵐邸におでかけくださいませ。

2020年 初夏号

新型コロナウイルスのまん延により旧五十嵐邸も4月18日から5月31日まで休館を余儀なく

されました。休館中は普段できない窓ガラス拭き、中庭やゲストハウス周辺の草取り、畳拭き

などに精を出しました。せっかく飾った五月人形も、誰にも見てもらえず来館者のいない

旧五十嵐邸は静かでした。地域の行事も中止が相次ぎ今年の蒲原の夏は淋しい夏になりそう

です。早くこの状況が終息し、もとの日常に戻る日を心待ちにしています。

さて、そんな中、念願だった畳の表替えが行われ、1階のすべての畳表が新しくなりました。

毎日新しい畳のさわやかな香りに癒されています。中庭の緑も美しく、風がさわやかに

吹き抜け、とても気持ちがよいです。

みなさま、感染予防をしてどうぞお出かけください。

会員募集中!

旧五十嵐邸を考える会
会員と友の会会員募集!

旧五十嵐邸の保存や活用について、私たちと一緒に活動してくれる会員さんを募集します。

詳しくはこちら

トピックス&イベント情報

このページのトップへ