旧五十嵐邸だより

五十嵐邸だより

2020年 初夏号

新型コロナウイルスのまん延により旧五十嵐邸も4月18日から5月31日まで休館を余儀なく

されました。休館中は普段できない窓ガラス拭き、中庭やゲストハウス周辺の草取り、畳拭き

などに精を出しました。せっかく飾った五月人形も、誰にも見てもらえず来館者のいない

旧五十嵐邸は静かでした。地域の行事も中止が相次ぎ今年の蒲原の夏は淋しい夏になりそう

です。早くこの状況が終息し、もとの日常に戻る日を心待ちにしています。

さて、そんな中、念願だった畳の表替えが行われ、1階のすべての畳表が新しくなりました。

毎日新しい畳のさわやかな香りに癒されています。中庭の緑も美しく、風がさわやかに

吹き抜け、とても気持ちがよいです。

みなさま、感染予防をしてどうぞお出かけください。

2020年 早春号

令和元年は新しい皇室行事ばかりで日本の国が後世に引き継がれていく様子がよくわかり

良い経験をしました。

 今年はどんな年になるのでしょうか。

 いつもみんなで話し合い考えていることですが、若い人たちに(子供達をふくめて)

私たちの活動を引き継いでいくにはどうしたらいいのかなあと思います。

子供たちの居場所作りとして今、私たちに何ができるのか、高齢者の心安らぐ場づくりとか、

まだまだ旧五十嵐邸の活用方法は考えればいっぱいあります。

さあ今年も頑張るぞといきたいところですが・・・

今年は2年に1度の「富士の山ビエンナーレ」が秋に開催されます。

乞うご期待!多くの人が訪れてくれることを願っています。

2019年 秋号

やっと秋らしい季節になってきました。昔から、「暑さ寒さも彼岸まで」と

いいますが、最近は季節の変わり目がはっきりせず、四季の移り変わりが

昔ほど感じられなくなりましたね。

 今年の夏は子どもたちを対象にしたイベントに会員一同、頑張りました。

県の助成を受けて実施した「ふじのくに子ども芸術大学」、3回目をむかえた

「蒲原宿子ども案内人養成講座」と、ほぼ毎週、子どもたちと暑い夏休みを

すごしました。残念だったのは毎年行われていた「七夕まつり」が台風の

ために中止になってしまったことで、来年に期待したいです。

 今年の秋もイベントがたくさん予定されています。竹久夢二展を皮切りに、

お楽しみ市、蒲原宿場まつり、前夜祭のコンサートと盛りだくさんです。

どうぞ、みなさま五十嵐邸に足をお運びください。

華すし.jpg会員研修会として、県埋蔵文化財センター見学と

今年の6月に研修旅行で体験した岐阜県の

「みたけ華すし」に挑戦しました。

2019年 春号

桜の花の開花だよりがきこえてくる今日この頃です。何か世の中も落ち着かない

2019年、元号が変わる年。平成から令和、どのようなときを刻んでいくのでしょうか。

 私達の会は今年創立20年目を迎えます。15人で始めた会ですが、現在30人、

一人一人が素晴らしい才能の持ち主で、会員が皆それぞれ無理なく活動できていることが、

長く続いている秘訣でしょうか。

ただ今、一番の問題は何をやっても人が集まらないことです。私たちの努力が足りないと

言われればそうですが、子供の数も急激に減っています。何かめあたらしい事業を考えなくては

なりません。今年は「子ども芸術大学」に又チャレンジしようと思っています。

 何はともあれ新しい年号「令和」に向けておおきく羽ばたきたいものですね。

2018年 秋号

2018年 秋号

秋がやっと訪れました。でも山々の紅葉はずいぶん遅れています。

時候のあいさつもなんだかしっくりいきません。

それでも今年も、お祭りにビエンナーレにと忙しくなりますし

来館者も増え楽しみな季節になりました。当館名物の手作りお汁粉を

はじめ、挽きたてコーヒーなど作品をみながら ゆっくりとお楽しみください

私たちの会も少しずつではありますが世代交代が行われ平均年齢も

ほんの少し若くなっています。来年で会設立20周年になり何か記念行事をと

考えています。20年前の若かった私たちの写真展とか?

いずれにしても、ここまでやってこられたのも皆様の暖かいご理解とご支援

ご協力があってこそです。これからも益々皆様に愛される

旧五十嵐邸を目指して活動していこうと気持ちを新たに頑張っていきます

会員募集中!

旧五十嵐邸を考える会
会員と友の会会員募集!

旧五十嵐邸の保存や活用について、私たちと一緒に活動してくれる会員さんを募集します。

詳しくはこちら

トピックス&イベント情報

このページのトップへ